中古ドメインのノウハウを皆で共有しよう

SEO業務やアフィリエイト目的で中古ドメインの購入を考えている場合、やはりリスクのない、すぐに効果が出るような良質な中古ドメインが欲しいですよね?ハズさない中古ドメインを買うにはどうすればいいのか?そのノウハウをご紹介!

中古ドメインは購入前に運用履歴をチェック

ドメインの運用履歴を調べよう

中古ドメインの購入を検討しているなら、購入の前に運用履歴を確認しておくことをおすすめします。知っての通り、中古ドメインは過去に運営されていた時の評価を引き継ぎます。それが良いものであれば自分がサイトを運営し始めた時から高評価の恩恵を受けられます。例えば検索エンジンで上位表示されるなどです。そうなれば当然アクセス数は上がりますし、最初から好調な出だしを切ることが出来ます。一方で悪いものですと並のサイト、手腕では検索エンジンに上位表示されず、アクセス数の増加は見込めません。いきなりマイナスからのスタートとなります。前者であれば大歓迎ですが、後者の場合デメリットがあまりにも大きすぎます。この後者のドメインを取得してしまわないように運用履歴のチェックが必要なのです。

特に注意すべきなのが、複数回の変更です。所有者が複数回変わっていた場合、マイナス評価の可能性が高いです。高い評価のドメインをそんな簡単に手放そうと思う人は少ないでしょうし、たらいまわしされるとは思えません。一方で、長期間使用されているのイ過去に1人しか利用していないなどであれば高評価の良いドメインな可能性があります。もちろんその運用されていた状況はしっかり確認すべきですが、長期間運用でしかも利用者が少ないということは今まで安定して使われてきたということです。

中古ドメインの購入の際に、運用履歴のチェックを怠り、マイナス評価の中古ドメインを入手してしまった場合、もうどうしようもありません。サイト運営の失敗は目に見えています。そうならないためにも、中古ドメイン取得の際は運用履歴をしっかりとチェックして、少しでも外れを引いてしまう可能性を下げましょう。

中古ドメイン販売屋さんの評判と平均価格

中古ドメイン販売サイトでドメインを購入

これからサイトを開設しようと思っている人は、ドメインを取得する必要があります。ただブログを趣味で書いて楽しむならば、新しいドメインの方が安全でいいですが、アフェリエイトで儲けをだしたいという場合は、中古ドメインを使用するといいでしょう。

中古ドメインを使うメリットとしては、他のサイトからの被リンクが残っていたり、Googleページランクがついているので、SEOにおいて順位がかなり優位になります。しかし、自分で中古ドメインを探すのはかなり難しいといえます。中にはペナルティを受けたドメインも存在するので、うっかりそういうドメインを使用してしまうと、ブラックリストに掲載されるので、いつまでたってもSEOの順位が上に行かなくなります。

他にもSEO対策をしている中古ドメインもあるので、気を付けなければいけません。
中古ドメインは実勢に使用してみないとわからないので、高額なドメインを購入しても効果がないこともあります。安心できる中古ドメインを購入したいと思っているなら、中古ドメイン販売屋さんを利用するといいでしょう。

Googleindex削除ペナルティを受けていないことを確認できた、ドメインのみを販売しているので安心して利用できます。実際に購入した人の口コミでも、トラブルなく使えたという口コミも多いので信頼できます。Google警告のドメインは返金保障もあるので、万が一の時でも安心です。

中古ドメインの購入価格は、3千円~10万円と幅広いですが、平均価格は5千円前後と、比較的安い価格で購入できます。まとめて購入すれば割引になるのでとてもお得です。クレジットカード決済で支払うと、リアルタイムでドメインを納品するので評判がとてもいいです。

海外の中古ドメインと日本語SEOのメリット

海外の中古ドメインと日本のSEO

海外の中古ドメインを使用して日本語のサイトを運用するSEO対策は有効な手です。中古ドメインというものは、運用者が変わっても過去の被リンクや評価を受け継いでいる傾向があるため、過去に海外で運用されていた評価の高い中古ドメインを日本語サイトとして再利用すると上位表示がしやすいです。

ここで懸念されがちなのが日本語のサイトでSEO対策を図っても中古ドメインの効果をうまく引き継ぐことができないのではないかという点です。ところが、Googleアルゴリズムにおいて、使用言語が切り替わってもドメインの評価に大きな影響は与えません。もちろん、過去に運用されていたサイトと全く属性の違うサイトを運営する場合と、全く同じ言語で属性も同じサイトの運営をするのとでは、後者のほうが上位表示はしやすい可能性はあります。しかし、中古ドメインを利用する目的は上位表示のしやすさ・時間を買うという目的で利用することが大半ですから、多少はドメインパワーが落ちたところでそう気にするほどのことではありません。

海外の中古ドメインを使って改めて日本語サイトを運用し、SEO対策を図る最大のメリットはコンテンツを投入した段階からすぐにインデックスされたり、最初から高い順位からスタートできることに尽きます。もし、海外の中古ドメインは言語が違うから、あまり効果が得られないのでは…と不安になる場合は、使用言語や過去の運用形態を気にするよりは、そのドメインにリンクを送っているサイトがどのようなサイトであるかのほうが重要です。ページランクの高い、質の良いサイトからたくさんのリンクをもらえていれば、海外の中古ドメインであっても十分強力なドメイン戦力として活用していくことができます。