中古ドメインのノウハウを皆で共有しよう

SEO業務やアフィリエイト目的で中古ドメインの購入を考えている場合、やはりリスクのない、すぐに効果が出るような良質な中古ドメインが欲しいですよね?ハズさない中古ドメインを買うにはどうすればいいのか?そのノウハウをご紹介!

中古ドメインで注意したい自作リンクとエイリアス

中古ドメインの価値はインデックスとバックリンクで示されるのですが、バックリンクについてはツールや自作のリンクに細心の注意が必要です。これらのリンクは検索サイトに嫌われ、最悪ペナルティを課せられることが多くなっています。自作のリンクで注意したいのがサテライトサイトです。サテライトサイト自体は問題ないのですが、露骨なリンクの多さや、リンクしか無いコンテンツ、関係のないカテゴリのウェブサイトからの大量リンクはペナルティになりやすいです。さらにツールを使ってSNSから大量にリンクを作る方も多くなっていますが、これらもペナルティの対象になりやすいです。中古ドメインを探す際にはこれらのペナルティを受けていないドメインを探したいものです。その際、注目したいのがドメイン履歴とインデックスの数です。ペナルティを受けるとインデックスが0だったり、極端に少なかったりします。その際にはドメイン履歴を確認してウェブサイトでの運用実績をチェックします。ドメイン履歴に多数のウェブサイトの運用履歴があったり、長期間にウェブサイト運用履歴があるのにインデックスが無い場合は要注意です。エイリアスなどをDNSで設定してウェブサイトを増やそうとしたり、同じコンテンツでエイリアスで違うウェブサイトにするなどの小細工をした場合も同様にペナルティを与えられてしまう傾向があります。中古ドメインは出元がはっきりしないケースも多々ありますので公開されているサービスをうまく活用して危ないドメインを避ける必要があります。公開情報で特に使えるのはドメイン履歴とインデックス、そしてSNSのバックリンクです。これらは手間はかかりますが、しっかりドメインを調査可能です。