中古ドメインのノウハウを皆で共有しよう

SEO業務やアフィリエイト目的で中古ドメインの購入を考えている場合、やはりリスクのない、すぐに効果が出るような良質な中古ドメインが欲しいですよね?ハズさない中古ドメインを買うにはどうすればいいのか?そのノウハウをご紹介!

中古ドメインは病院やプロキシが厳しい企業でも有効

中古ドメインはランディングページやサテライトサイトでの運用が多いのですが、病院などのメインウェブサイトでの利用も増えてきています。もともと病院のウェブサイトはそれほど宣伝しないことが多いのですが、ある程度最初からPVを集めたいと考える病院も増えてきています。さらに中古ドメインはアルファベット綴がよい場合も多く、メールアドレスでの利用も考えているケースも増えています。中古ドメインをPV集めに利用するならバックリンクの数が重要となります。中古ドメインは検索サイトの評価も大事ですが、PV集めなら拡散力が強いSNSからのリンクが重要です。SNSからのリンクは一度設定されると長期間利用されることが多く、定期的なPVに繋がりやすいです。さらに病院などの知名度のあるウェブサイトなら拡散されやすいということもあります。中古ドメインはバックリンクが多くあるケースが多いのですが、パスがつながっていないと意味がないのでバックリンクチェッカーなどを利用してパスが切れている場合はすぐに対応することも大事です。中古ドメインの活用としては病院での利用の他にプロキシが厳しい企業からのアクセスに対応できることも利点となっています。企業の多くは直接インターネットに繋がっていることは少なく、多くはセキュリティソフトやプロキシなどを経由してアクセスしています。その場合、ドメイン判定していることが多く、新規のウェブサイトがアクセスできないケースが増えています。そのため、ウェブサイトとして運用実績があって、安全性が高い中古ドメインが活用できます。企業からのアクセスを期待しているウェブサイトの多くは中古ドメインとルート証明書を合わせて利用してPVに繋げることが多くなっています。